素材へのこだわり

素材へのこだわり

創業60年の歴史から生み出された技と製法
それが笹屋が守り続けた伝統の味。

菓子と果子
お菓子の原点は、干した果実や木の実を加工したのが、今の「お菓子」と呼ばれるものです。
江戸時代にお菓子文化が根付き、時代が移り変わろうとも、日本人に愛され続けてきた和菓子。
お菓子とは、果実を原料にした由来から、もともとは「果子」と書いていたようです。
日本の伝統和菓子
四季折々の素材から生まれる「果子」。
笹屋では「果子」本来の素材にとことんこだわり続け、自然のままの美味しさを常に追求しています。
これからも伝統と自然の恵みに感謝し、「果子」を通じて心の豊かさを表現していきたいと考えています。